〒535-0001 大阪市旭区太子橋3-1-32 電話/FAX 06-6955-5657 | E-mail:osaka-jikkyou@biscuit.ocn.ne.jp    


大阪実業教育協会には、もう1つの事務局の運営を行っています。その会の名称は「大阪産業教育振興協議会」と呼び、会員は実業系高等学校長から成っています。これらの2つの会により、実業系高等学校を支援しています。


大阪産業教育振興協議会


資料のダウンロード
令和元年度総会・研究協議会(ご案内) (クリックするとPDFファイルが表示されます。)
FAX文 (クリックするとexcel ファイルがダウンロードされます。)



  1. 設立の目的 本協議会は、我が国の産業教育の改善振興とともに、会員相互の連携を図ることを目的としている。この目的を達成するため、具体的には次の事業を行う。すなわち産業教育に関し予算の獲得運動、産業教育に関する調査研究、会員相互の連携を図る各種の行事、その他必要と認める事業などである。
  2. 設立までの経過
    1. 戦後における産業教育の衰退
      太平洋戦争に敗れた我が国は、進駐軍の指導によって、根本的な学制改革を行った。当時のアメリカ側の考え方は、日本の教育制度は、普通教育を6年間施しただけで、直ちに職業教育に入ったために、豊かな常識を養うことなく、偏狭な考え方を身につけることになり、これが戦争を起こした一つの原因となっている。これを改めるには9年間の普通教育を施し、これに続く高校教育でも普通科の教科目を35単位以上やるべきであるというのであった。この方針に従った場合は、工業教育においては、その修業年限を4ヵ年にすべきであるというのが工業科校長会の意見であったが、アメリカ側は「それはならぬ」と釘をさしたのである。それでは実務を主体とした教育を施し、その関連した知識教育としての座学を施そうというふうに変更された。しかし実務をやるにしては、実習施設は荒廃し、設備は皆無に近い状態であり、産業教育関係の学校長は特に憂慮し、危機感を深め協議も重ねられた。
    2. 「産業教育振興法」の制定運動と大阪産業教育振興協議会の設立 産業教育としては、指導者もさることながら、まず施設・設備を整えなければならないが、当局は6・3制の施工に手いっぱいで、産業教育を考える余裕さえ持たない。故に、我々の目的を達成するためには、アメリカのタフト・ハートレー法に倣って法律を作り、これによって義務付ける必要がある、という結論になった。そこで、大阪で産業教育法制定推進委員会を作り、原田正逸氏を会長として猛運動に入ったのである。これは全国的にも幅広い立法運動へと展開したが、近畿においても連合支部が作られ、大阪実業教育協会事務局がそれらの拠点となり、諸会合が重ねられたのであった。さらに、また当時の大阪実業教育協会、小畑源之助会長、田中良雄理事長はじめ関西財界としても力強いご支援をいただいた。かくして「産業教育振興法」はついに成立し、昭和26年6月11日より施工され、産業教育の荒廃は救われ、道ここに通ずるを得た。

    大阪産業教育振興会は、この立法運動の推進過程において胎動し、法律成立後においても、「産業教育振興会」が有効に施工されるよう補助金の執行、行政機構の拡充強化、施設・設備基準の改善、予算の増額、教科書並びに職員の待遇の件などについて、必要に応じ意見を開陳し、引き続いて産業教育の振興を図ることを目指して設けられたもので、全国的にもユニークといえる。昭和28年1月1日より、本協議会の規約も実施され、初代会長には守口市立京阪高校長原田正逸氏が推され、行政当局への意見具申や陳情も行われた。さらに、また、大阪における産業教育70周年記念事業はじめ、同百周年記念事業にいたるまで、本協議会の会長は、その実行委員会の副委員長(委員長大阪府教育長)として、代々それぞれ職責を果たされ、清風学園長平岡宕峯会長のご逝去(平成6年)後、興國高校長草島 一会長に引き継がれた。草島 一会長は19年間の長きに亘り本協議会運営に尽力されたが、ご逝去(平成25年)された。その後を興國高校長草島葉子会長が就かれ、別表の役員、大阪実業教育協会の学校会員(学校長)などの協力により運営されている。

歴代会長
初代原田 正逸(守口市立京阪高等学校長)
第二代瀬島 源三郎(大阪鉄道高等学校長)
第三代山本 栄吉(大阪市立東淀工業高等学校長)
第四代村上 正巳(大阪市立泉尾工業高等学校長)
第五代野田 三郎(浪商学園理事長)
第六代平岡 宕峯(清風学園長)
第七代草島 一(興國高等学校長・理事長)
第八代草島 葉子(興國高等学校長・理事長)





大阪産業教育振興協議会会則

第1条本会は大阪産業教育振興協議会と称する。
第2条本会の事務所は大阪市に置く。
第3条本会は我が国産業教育の改善振興と共に会員相互の連携を図ることを目的とする。
第4条本会はその目的を達成するため、次の事業を行う。
  1. 産業教育に関し予算の獲得運動
  2. 産業教育に関する調査研究
  3. 会員の研修活動
  4. 生徒の研究活動奨励と優良卒業生の表彰
  5. 会員相互の連携を図る各種行事
  6. その他必要と認める事業
第5条本会会員は府内における産業教育関係学校長および准校長・副校長をもって組織する。
第6条本会に次の役員を置き任期を2カ年とする。但し、再任を妨げない。
会長1名
副会長4名
常務理事8名
理事若干名
幹事若干名
監事2名
理事・監事・幹事は総会で選出し、会長・副会長・常務理事は理事会で互選する。
第7条本会に顧問を置くことができる。
第8条会費は全日制課程は1校当たり年額5,000円とする。
定時制課程(V部課程)は1校当たり2,000円とする
第9条会員総会は毎年6月下旬頃に開き、諸般の報告をし、議案の承認を求める。
但し、必要あるときは臨時に開催する。
第10条本会の経費は、会費及び寄付金をもって充てる。
第11条会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

(昭和59年6月)
(平成7年6月30日改正)
(平成12年7月5日改定)
(平成17年7月4日改定)
(平成19年7月2日改定)
(平成21年7月6日改定)
(平成22年7月5日改定)





役員名簿
令和元年6月21日現在

 顧問
吉村 洋文大阪府知事
松井 一郎大阪市長
尾崎 裕大阪商工会議所 会頭
 会長
草島 葉子興國高等学校 校長
 副会長
久 和人大阪府立茨木工科高等学校 校長
真鍋 政明大阪府立園芸高等学校 校長
柴原 信彦大阪市立東淀工業高等学校 校長
廣谷 明大阪電気通信大学高等学校 校長
 常務理事
北村 洋介大阪府立東住吉総合高等学校 校長
伊藤 雅司大阪府立和泉総合高等学校 准校長
長谷川 義高大阪市立中央高等学校 校長
薮中 俊彦大阪市立第二工芸高等学校 校長
谷尾 益明堺市立堺高等学校 校長
辻井 安喜星翔高等学校 校長
竹下 健治昇陽高等学校 校長
中野 靖弘大阪実業教育協会
 理事
山本 好男大阪府立佐野工科高等学校 校長
新宅 博生大阪市立泉尾工業高等学校 校長
川口 伊佐夫大阪市立西高等学校 校長
吉田 憲史太成学院大学高等学校 校長
長谷川 耕三前大阪実業教育協会
東崎 元宏元大阪実業教育協会
久野 祜滋元大阪実業教育協会
西澤 爽元大阪実業教育協会
 監事
仲谷 浩大阪府立港南造形高等学校 校長
柘原 康友大阪市立都島工業高等学校 校長





平成31年4月1日現在

学校会員
府立 26校
高等学校電話番号FAX番号郵便番号所在地校長(准校長)
西野田工科06-6461-002306-6461-3483553-0007福島区大開2-17-62中井 宏典HP
(定時制)田尻 誠HP
淀川 工科06-6952-000106-6952-6555535-0001旭区太子橋3-1-32阿部 政之HP
今宮 工科06-6631-005506-6645-7618557-0024西成区出城1-1-6駒井 知一HP
(定時制)渡邊 幸彦HP
茨木 工科072-623-1331072-623-0652567 0031茨木市春日5-6-41久 和人HP
(定時制)小川 寿之HP
城東 工科06-6745-005106-6745-6221578-0976東大阪市西鴻池町2-5-33渡邉 健一HP
布施 工科06-6722-022106-6722-0226577-0805東大阪市宝持3-7-5森村 利和HP
藤井寺工科072-955-0281072-939-0098583-0021藤井寺市御舟町10-1木下 隆HP
(定時制)原 孝道HP
堺  工科072-241-1401072-241-6160590-0801堺市堺区大仙中町12-1中田 浩史HP
(定時制)平田 眞二HP
和 泉 総 合0725-41-12500725-45-8985594-0082和泉市富秋町1-14-4加納 由朗HP
(定時制)伊藤 雅司HP
佐野 工科072-462-2772072-461-2362598-0012泉佐野市高松東1-3-50山本 好男HP
(定時制)雑賀 文彦HP
成   城06-6962-280106-6962-8932536-0021城東区諏訪3-11-41後藤 日出樹HP
(定時制)麻野 克己HP
東住吉総合06-6702-123106-6700-5130547-0026平野区喜連西2-11-66北村 洋介HP
園   芸072-761-8830072-761-9295563-0037池田市八王寺2-5-1真鍋 政明HP
農   芸072-361-0581072-361-0684587-0051堺市美原区北余部595-1寺岡 正裕HP
能   勢072-737-0666072-737-1046563-0122豊能郡能勢町上田尻580向井 幸一HP
枚 岡 樟 風072-982-5437072-982-5411579-8036東大阪市鷹殿町18-1中山 新一HP
貝   塚072-423-1401072-432-5271597-0072貝塚市畠中1-1-1島原 賢司HP
港 南 造 形06-6613-100006-6613-6752559-0031住之江区南港東2-5-72仲谷 浩HP
堺市立2校
堺市立堺072-240-0840072-252-6601590-0025堺市堺区向陵東町1-10-1谷尾 益明HP
(定時制)072-240-0841072-252-6404大橋 幸一HP
衛星都市立2校
東大阪日新072-985-5551072-985-3276579-8003東大阪市日下町7-9-11日比野 功HP
岸和田産業072-422-4861072-422-6111596 0045岸和田市別所町3-33-1楠戸 啓之HP
(定時制)HP
市立15校
西06-6531-050506-6531-9613550-0014西区北堀江4-7-1川口 伊佐夫HP
扇町 総合06-6351-003606-6353-3464530-0037北区松ケ枝町1-38 板垣 秀和HP
大阪ビジネスフロンティア06-6772-796106-6772-7965543-0042天王寺区烏ケ辻2-9-26平 寿之HP
淀  商業06-6474-222106-6473-9950555-0024西淀川区野里3-3-15上山 陽司HP
鶴見 商業06-6911-041506-6911-2953538-0054鶴見区緑2-10-9大東 正之HP
住吉 商業06-6681-057706-6686-1734559-0013住之江区御崎7-12-55癘{ 多佳志HP
都島 工業06-6921-023106-6925-3970534-0015都島区善源寺町1-5-64柘原 康友HP
泉尾 工業06-6552-222106-6554-7612551-0031大正区泉尾5-16-7新宅 博生HP
東淀 工業06-6302-103506-6302-7099532-0031淀川区加島1-52-81柴原 信彦HP
生野 工業06-6731-555106-6731-3251544-0025生野区生野東2-3-66岸田 博文HP
工   芸06-6623-048506-6623-8419545-0004阿倍野区文の里1-7-2橋本 嘉平HP
咲くやこの花06-6464-888306-6464-3985554-0012此花区西九条6-1-44角 芳美HP
中   央06-6944-440106-6944-4409540-0035中央区釣鐘町1-1-5長谷川 義高HP
都島第二工業06-6921-423606-6925-3969534-0015都島区善源寺町1-5-64須内 克典HP
第二 工芸06-6623-015006-6623-8495545-0004阿倍野区文の里1-7-2薮中 利彦HP
私立9校
昇   陽06-6461-009106-6465-0336554-0011此花区朝日1-1-9 竹下 健治HP
興   國06-6779-815106-6779-8174543-0045天王寺区寺田町1-4-26草島 葉子HP
大商 学園06-6862-522306-6862-5570561-0846豊中市利倉東1-2-1奥野 正巳HP
向 陽 台0726-43-63650726-43-0455567 0051 茨木市宿久庄7-20-1和泉 秀雄HP
長 尾 谷072-850-9111072-850-6116573-0163枚方市長尾元町2-29-27竹中  均HP
星   翔06-6381-022006-6383-4822566-0022摂津市三島3-5-36辻井 安喜HP
大阪電気通信大学06-6992-626106-6991-4117570-0039守口市橋波西之町1-5-18廣谷 明HP
科学技術学園 大阪分室06-6388-067106-6388-0692564-0052吹田市広芝町10−25東 竜太郎HP
太成学院大学072-871-1921072-875-0780574-0044大東市諸福7-2-23吉田 憲史HP